okaneFTHG5257_TP_V4

4630男、1年以下の懲役または10万円以下の罰金へ [128776494]

1: パロスペシャル(日本) [JP] 2022/05/17(火) 23:55:57.81 ID:qR7Gdwo40● BE:128776494-2BP(10500)
5/17(火) 23:30配信
テレビ朝日系(ANN)

仮に多額のお金をつぎ込んでいたとしても、ネットカジノの利用自体を賭博罪に問うのは難しいといいます。

津田岳宏弁護士:「現状の日本の刑法で処罰するのは難しいのではないか。賭博は、そもそも胴元と客、両方を処罰する法律なので、海外のオンラインカジノは合法で捕まえられないのに、客だけを処罰するのは不均衡だから処罰しにくいのが法律の理屈」

◆今後、男性が罪に問われる可能性はあるのでしょうか。弁護士の津田岳宏さんに聞きました。

津田弁護士は、「法律的には返還義務が発生するのはほぼ間違いない」としたうえで、刑事事件として罪に問われる可能性について「ある」といいます。考えられるのは『占有離脱物横領罪』。これは簡単に言うと、落ちていた財布を拾い、警察に届けずにポケットに入れること。今回の行為は、男性が誤って送金されたと知りながら、自分のために使ったのであれば、該当する可能性があるといいます。占有離脱物横領罪の刑罰は、1年以下の懲役、または10万円以下の罰金、もしくは科料となっています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/099aa68bf28624b0667fe918dd08433d7c3a05f2
続きを読むには、ページ下にリンクが御座います