tokyo_02_s

1: ななしさん@発達中ID:CfGPY3iJ9
 小池百合子東京都知事が29日、育児休業に代わる言葉の新しい愛称「育業」を発表した。

 小池都知事はテーマとして「心技体」を提言した上で「育休は決して休みではない」「育児をすることによっていろいろな学びがある。社会で支えていきたい」とコメント。新愛称の応募は約8800件が集まったという。新愛称は選考メンバーによって選ばれ、承認された。

 「育業」が選ばれた理由について、小池都知事は「育児は未来を担う子どもを育てる大切な仕事。“業”という言葉には、仕事という意味のほかに努力して成し遂げる意味もある。苦労も大きいが、その分幸せや喜びも大きいのが
育児ではないか。業務にはチームワークが重要。夫婦だけでなく周囲の協力が不可欠。職場の理解もチームワークだ」と述べた上で「胸を張って“育業してきます”と言える社会にしたい」と抱負を語った。(「ABEMA NEWS」より)
https://news.yahoo.co.jp/articles/73e26f838b2dbf808ed784c591c40130fb0d6325
続きを読むには、ページ下にリンクが御座います