カテゴリ:社会

    1: 風吹けば名無し
    社長近影 
    no title


     最年少社長として15歳で起業したことで知られる若手実業家が、平成31年3月から、日本で初めての無料の配車・運行サービスを始めることが分かった。 
    利用者は専用のアプリを使って配車を受け、車内のディスプレーに店や商品などの情報が流される。 
    走る広告塔として、運賃に当たる運行コストは広告のスポンサーが負担する仕組み。8日に正式に発表する。(大塚昌吾) 

     新会社は「nommoc(ノモック、福岡市)」で、社長は15歳で大型イベントの映像演出などを手がけるセブンセンスを設立した吉田拓巳氏。 

     新会社は、日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングサービスのFUNDINNO(ファンディーノ)を通じ、目標額5千万円を調達する。8日夜に募集を開示し、12日から申し込みを受け付ける。 

     無料の配車サービスは、社名と同じサービス名で、コンパクトシティーである福岡市天神を中心に10台ほどでスタートし、 
    東京五輪・パラリンピックが開催される2020(平成32)年をめどに、東京など主要都市での展開を目指す。その後、シンガポールなどの海外市場にも進出する計画だ。 
    https://www.sankei.com/smp/economy/news/180508/ecn1805080005-s1.html
    【15歳の天才美少年社長、無料タクシー会社を設立。車内広告で収益化を図る予定】の続きを読む

    1 :2018/05/15(火) 04:44:19.10 ID:IS2CwbJy0.net

    リベンジポルノでは、ついノリで男に裸の写真を送ってしまった女性が後で泣きを見るケースだが、自ら裸を売って小遣いを得る女性もいるのだ。 
     3月13日、大阪の女子大生(20)が、わいせつ電磁的記録頒布容疑で大阪府警に逮捕された。 
     「女子大生は“自撮り”したわいせつ画像を、SNSで知り合った滋賀県の50代男性会社員に販売していた。 
    計5枚の画像をダイレクトメッセージで送付して、5000円を銀行口座に振り込ませていたのです」(全国紙社会部記者) 

     「楽してお金が欲しかった」と供述しているという女子大生は、SNSで《下着や制服、画像を売ります》などと投稿しており、まるで昔でいう“ブルセラ”感覚といったところ。 
     「捕まった例は氷山の一角で、こうした自分のわいせつ画像などの販売はいま、若い女性たちにとって最も手軽な小遣い稼ぎにもなっている。 
    ツイッターを中心に、《JD1(年生)。エッチ写メ15枚3000円》や《モザなし。エッチな写真と動画のリクエスト販売しまーす。JK》といった投稿は無数にあります」 
     こう語るのは、『少女たちの裏稼業』などの著書がある、ルポライターの石原行雄氏だ。 

     自撮りのわいせつ画像を巡っては、基本的には女性が被害者となる場合が多い。 
     「昨年発表された警視庁のまとめによれば、’17年上半期の時点で児童ポルノ事件の摘発件数は1142件で過去最多。 
    これは前年同期比を12.1%も上回る数字です。しかも、摘発事例の4割超が“自撮り”被害。 
    未成年少女などに自撮りのわいせつ画像を送らせる男たちが非常に多いのです」(全国紙社会部記者) 

     逆に言えば、小遣い稼ぎが目的ではなくても、自分の裸写真をネットで知り合った男に送ってしまう女性も多いということだ。 
     「そうした中、今回のように女性側が逮捕されるというケースは珍しい。これは見せしめ的な要素もあったと思われます。 
    これまでは送らせた側を押さえてきたが、一向にこの手の犯罪が減らない。 
    送る側の女性も罪になる場合があることを認識させ、わいせつな自撮りを巡る悪事を根絶する狙いもある」(同) 

     しかし、石原氏はこう続ける。 
     「単純にお金目的で画像を販売する女性は、多少、躊躇するようになると思います。 
    いくら手軽に稼げるとはいえ、逮捕されては元も子もありませんからね。ましてや新聞沙汰にもなれば今後の人生にも影響する。 
    ただし、ある程度の抑止力にはなると思いますが、決してなくなるわけではない。 
    今の若い女性は、お金以外にも自分のわいせつ画像をネットでさらす理由があるんです。 
    それは、多くの男にチヤホヤされたいという承認欲求なんです」
    【女子大生「性器自撮り」パシャ → 男に裸の写真を送ったらwwwwwwwww】の続きを読む

    引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1492664764/

    1: 名無しさん 2017/04/20(木) 14:06:04.74 ID:CAP_USER9.net

     20日午後0時半ごろ、福岡市中央区のみずほ銀行福岡支店前の路上で、男性が男らに催涙スプレーで襲われ、現金3億8400万円の入ったスーツケースを奪われた。男らは3人で、車で逃走した。県警が行方を追っている。 

    http://www.jiji.com/sp/article?k=2017042000657&g=soc
    【【速報】平成の3億事件が発生!!!!!】の続きを読む

    1 : アイアンフィンガーフロムヘル(神奈川県)@\(^o^)/ [DO] :2017/04/14(金) 11:54:15.35 ID:6Yl8yhmX0●.net
    東京都台東区の白鬚橋(しらひげばし)近く都道で13日午後11時半ごろ、タクシーが歩道に乗り上げて約500メートル暴走、居合わせた男性警察官(22)と自転車の女性(41)がはねられてけがを負った。 
    いずれも命に別条はないという。乗客の女性(31)も車外に飛び降り、軽傷を負った。 

    警視庁向島署は同日、タクシー運転手の男(81)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕した。容疑を認め「すみません」と話しているという。 

    全文は以下 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00000031-asahi-soci

    1


    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000098620.html






    11 : キン肉バスター(庭)@\(^o^)/ [ニダ] :2017/04/14(金) 11:58:43.93 ID:AuNg/6/10.net
    乗客よかったなw 






    8 : ローリングソバット(福井県)@\(^o^)/ [US] :2017/04/14(金) 11:57:51.16 ID:WHWpLqB70.net
    客が飛び降りるってハリウッド映画やないんやからよぉ 
    【タクシー運転手(81)が信号無視、事故、警官はねる等暴走→ 客は飛び降りて軽傷】の続きを読む

    1


      1: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2017/04/14(金) 10:46:17.062 ID:U1uGc/e80.net

          
      2


      3




      2: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2017/04/14(金) 10:46:43.588 ID:UpDRF3Cc0.net

      実際アニヲタだし 


      3: 以下、名無しにかわりましてネギ速がお送りします 2017/04/14(金) 10:48:48.195 ID:EN4MhJS30.net

      こんなオッサンに殺されたのか 
      親も腹わた煮え繰り返るほどだな 
    【【画像あり】リンちゃんを殺害した澁谷恭正(46)の顔がどう見てもアニメオタクwwwwwwww】の続きを読む

    1
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/03/31(金) 16:41:00.13 ID:xJYlpNjFr.net

    酒鬼薔薇「えぇ…」 


    世間を震撼させた神戸の児童連続殺傷事件から今年で20年になります。おととし事件について手記を出版した加害男性が、この手記の印税収入を賠償に充てると申し出て、遺族がこの申し出を断っていたことがわかりました。 

    明石海峡を見下ろす小高い丘。見晴らしのいいこの場所に男の子は眠っています。土師淳くん(当時11)。乗り物や亀が大好きな男の子でした。今月26日、遺族の土師守さんは淳くんの供養のため、この場所を訪れました。 

    「毎週ではないが、月に3回くらいは来ている。20年は一言で言うと長いように思うが過ぎされば早かった」(土師守さん) 

    今から20年前の5月。神戸市須磨区の中学校の正門で淳くんの遺体の一部が見つかりました。その後、地元の新聞社に「酒鬼薔薇聖斗」と記された犯行声明文が届きます。 

    周囲が騒然とする中、逮捕されたのは当時14歳の中学3年生「少年A」でした。「反社会的人格」そして「性的サディズム」。様々な心の闇を抱えていた少年は少年院で矯正教育を受け、2005年に社会復帰しますが、おととし、残忍な犯行に至った自らの精神状況や社会復帰後の生活を記した手記を出版します。 
             
    「自分と同じ“人間”を壊してみたい、その時にどんな感触がするのか、この手で確かめたいという思いにとらわれ、寝ても覚めても、もうその事しか考えられなくなった」 

    この手記の出版に遺族の土師守さんは強く反発しました。 

    「重大な事件を犯した加害者が、自ら犯した事件を題材にした手記を出版するのは 
    許されることではない。精神に対する“傷害罪”だと私自身は思っている」(土師守さん) 

    このような遺族の反発にもかかわらず、手記出版の翌年、加害男性から賠償の 
    申し出が土師さんのもとに届いたといいます。 

    「金銭であがなうことはできないが、精いっぱいの埋め合わせをしたいと。出版した手記の印税の一部だと」(土師守さん) 

    Q.被害者遺族としてどう思ったか? 
    「そんなお金をもらうわけにはいかない」 

    加害男性側からの申し出は、事件の被害者3人に対し1000万円に届かない程の額を賠償するという内容でした。その原資は「著作による印税収入」で「今の時点でできる精一杯の埋め合わせ」だと記されていたということです。 

    「自分できちんと働いて稼いだお金で支払うなら受け取りますし、それではない今回は受け取ることはできない」(土師守さん) 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170330-00000071-mbsnews-soci 
    【酒鬼薔薇「すまんかった。とりあえず本の印税3000万あげるわ」遺族「いらん!自分で働いて稼げ!!」】の続きを読む

    このページのトップヘ